図書館

中国とインドの伝統的な建築を比較する

中国とインドはどちらも、地域、人口、文化、信念など、世界で多くの優れた点を持っている国であり、これら2つの国の建築的特徴に大きな影響を与えます。伝統的な中国とインドの建築は、まったく異なる形と素材から、非常に特別です。今日、Moivaonhatoi.comが参加して、これら2つのユニークで有名なアーキテクチャの独自性を賞賛して比較します。

中国とインドの伝統的な建築を比較する

中国の伝統的な建築の古代寺院のメインホールスペース。木製の柱、梁、梁、赤い梁を使用して、家の建物の堅固なセットを作成する特徴的な構造を備えています。ルーフタイルは傾斜しています。 

伝統的な建築

中国の建築とは異なり、フラットルーフシステムを備えたインドの王宮は、石のレンガで建てられ、黄色に塗られ、塔の上部に玉ねぎの形をしたディテールがあります。

以下も参照してください。 インテリアデザインパークヒルアパートメント 80m2 1億8000万

伝統的な建築

大きな石のブロックから建てられた頑丈な家と伝統的なインドの建築の住宅地のイメージ、屋根はいくつかのピラミッドと組み合わせて様式化されています。 

伝統的な建築

同じことが市民地域ですが、これは現代の中国の住宅地域の写真です。まだ赤いタイルの屋根に基づいていますが、現代の影響下にあるのはガラスのドアを備えたバルコニーシステムです。 

中国とインドの伝統的な建築を比較する

おなじみのライン、木造住宅、斜めのタイル張りの屋根のある中国の旧市街のイメージ。古代中国の人々は、鮮やかな赤で塗られた明るく鮮やかな色が好きだったことがわかります。非常に人気のある伝統的な建築。

伝統的な建築

中国の通りのイメージには、現代的な特徴が導入されています。道路はきれいな石のレンガ、ヨーロッパの古典的な尾根が目立つ家で建てられています。この建築は次の場所で見ることができます。 香港.

以下も参照してください。 ロイヤルシティアパートのインテリアデザイン 100m2 1億7,500万

伝統的な建築

インドの古代の城の門は、ユニークな3アーチ型の門システムであり、オープンスペース間のパターンで装飾された長くて広い欄干を備えた高い門です。側面の望楼部分は、玉ねぎのピラミッド型の形をしており、ドームは下の活動を観察するためのものです。

伝統的な建築

インドの王宮をイメージして、インドの建築と伝統的な中国の建築を区別することは難しくありません。球根状の屋根のユニークなデザインで、この詳細は塔の頂上から柱の階段の間の梁まで、多くの場所で繰り返され、すべてが神秘的で微妙な美しさをもたらします。 

建設会社DUNG MV-Mそうそう私は私の家に
ホットライン:0908.66.88.10-09.0202.5707 
住所:ハバニ、ハイバトラン地区、201バトリチュ
メール:gdmoivaonhatoi@gmail.com
ウェブサイト: https://moivaonhatoi.com/
ファンページ: https://www.facebook.com/Thietkethicongnoithat.moivaonhatoi/

コメントは締め切りました。

ja日本語